旅を彩るデジカメ活用術

旅を彩るデジカメ活用術

デジカメのポテンシャルを使い切ろう!

カメラは常に進化しています。 デジカメの登場以前は写真を撮ったらそれで終わりでした。 フィルムを現像するまでは、どのように写っているのかさえ分からず、万が一撮り逃しがあってはいけないから、と同じ写真を何枚も何枚も撮ったものでした。 デジカメの登場によりその使用用途は一気に幅が広がりました。

進化しているデジカメ

みなさん、デジカメはお持ちですか?
最近はスマホの写真機能の性能が上がり、「スマホさえ持っていればもうデジカメはいらない」なんていう声も聞かれるようになりました。

たしかに、1台で電話もメールもインターネットもできて写真や動画まで撮れてしまう、というのはありがたい機能です。

しかし、1台で何でもこなせても、ひとつひとつの機能は中途半端である場合も多々あります。

その点、写真を撮る事に特化した機能が沢山付いているデジカメはその使い方を熟知すれば、一眼レフにも負けない素晴らしい写真を撮る事が出来ますし、写真を色々な使い方で加工したり残したりする事ができます。

「写真機能がスマホに劣る」と言う方に限って、デジカメはオートプログラムでしか使った事がないというような方が多いような気がします。

デジカメは初心者でも簡単に使えるように設計されているものもあり、オートプログラムだけ使うことが悪いわけではありません。

しかし、メーカー各社はしのぎを削って様々な工夫をこらし、日々カメラの機能を向上させるべく努力をしています。
カメラのポテンシャルを沢山残しているのに、使いこなさずに終わってしまうのは勿体無いと思いませんか?

オートプログラムに頼るのはやめて、少しだけ自分なりの方法でデジカメを使ってみませんか?

色々いじってみて、ダメだったらまたオートプログラムに戻せば良いのです。
ボタンをオートプログラムに合わせれば、設定がおかしくなっても全てをリセットして万全の状態に戻してくれます。

初心者が憧れる!あの撮影方法

カメラ上級者のイメージといえば、「背景がぼやけている、奥行きを感じる写真が撮れる事」ではないでしょうか? デジカメを使いこなせば初心者でもそんな写真が撮れるんです! どのような機能があるかご存知ですか? シャッター以外はよく知らない、という方はこの機会に一緒に勉強しましょう。

水中撮影では圧倒的な実力!

地上でカメラを使用する場合においては、スマホの撮影でもあまり不便を感じないかもしれません。 しかし、水辺や水中で撮影する際にはデジカメの機能が圧倒的に上回っています。 明るいレンズ、大きなセンサーを搭載しており、光が届きにくい水中での撮影では実力を発揮してくれます。

TOPへ戻る